Ovalgear Documents

法的ページは必要ですか?

💡
公的ページの内容を参照しながらオーバルギアがお答えいたします。 なお、各項目の詳細は専門家にお尋ねください。 当ページでは全体概要のみ記載しております。 [法的ページ] ・特定商取引法に基づく表記 ・プライバシーポリシー ・利用規約

特定商取引法に基づく表記


📜
特定商取引法は、事業者による違法・悪質な勧誘行為等を防止し、消費者の利益を守ることを目的とする法律です。 具体的には、訪問販売や通信販売等の消費者トラブルを生じやすい取引類型を対象に、事業者が守るべきルールと、クーリング・オフ等の消費者を守るルール等を定めています。 「特定商取引法とは」特定商取引法ガイドホームページより
上記に記載されている通り、日本のECサイトでは特定商取引法に基づく表記は義務付けられています。そのためECサイトへの表示は必須です。
 

プライバシーポリシー


📜
個人情報の保護に関する法律(平成15年法律第57号)第18条(第1項) 個人情報取扱事業者は、個人情報を取得した場合は、あらかじめその利用目的を公表している場合を除き、速やかに、その利用目的を、本人に通知し、又は公表しなければならない。
📜
「公表」とは、広く一般に自己の意思を知らせること(不特定多数の人々が知ることができるように発表すること)をいい、公表に当たっては、事業の性質及び個人情報の取扱状況に応じ、合理的かつ適切な方法によらなければならない。 【公表に該当する事例】 事例1)自社のホームページのトップページから1回程度の操作で到達できる場所への掲載 事例2)自社の店舗や事務所等、顧客が訪れることが想定される場所におけるポスター等の掲示、パンフレット等の備置き・配布 事例3)(通信販売の場合)通信販売用のパンフレット・カタログ等への掲載 個人情報の保護に関する法律についてのガイドライン(通則編)|個人情報保護委員会より
プライバシーポリシーまたは個人情報保護方針ともいいます。お客様の氏名や住所、連絡先等をECサイトを通じて頂く場合、情報の取り扱いについて公表する必要があります。ECサイトでいえば、トップページのフッターにプライバシーポリシーページへのリンクを設置するのが一般的です。
 

利用規約


📜
(定型約款の合意) 第五百四十八条の二 定型取引(ある特定の者が不特定多数の者を相手方として行う取引であって、その内容の全部又は一部が画一的であることがその双方にとって合理的なものをいう。以下同じ。)を行うことの合意(次条において「定型取引合意」という。)をした者は、次に掲げる場合には、定型約款(定型取引において、契約の内容とすることを目的としてその特定の者により準備された条項の総体をいう。以下同じ。)の個別の条項についても合意をしたものとみなす。 一 定型約款を契約の内容とする旨の合意をしたとき。 二 定型約款を準備した者(以下「定型約款準備者」という。)があらかじめその定型約款を契約の内容とする旨を相手方に表示していたとき。 2 (略) 「民法(明治二十九年法律第八十九号)」e-Gov法令検索より
ECサイトは、民法上 定型約款に位置付けられます。利用規約をひらたくいえば、ECサイトで商品やサービスを提供する事業者が、お客様向けてECサイトを利用する上でのルールをまとめたものです。具体的には商品の注文や返品・キャンセル、会員登録などに関する内容を規定します。
お客様とのトラブルを未然に防ぐ意味では記載しておくことをおすすめします。
 

(参考)法的ページの自動作成サービスの紹介


KIYACでは法的ページを自動生成してくれます。