Ovalgear Documents

Amazon Payの始め方

💡
決済方法としてAmazon Payも設定できます。お客様は普段使っているAmazonアカウントにクレジットカード情報を使って、商品の支払いができるようになります。
Amazon Payとは、Amazon.co.jpアカウントに登録された住所情報とクレジットカード情報を使って、商品やサービスの支払いができるサービスです。
アマゾン ペイ(Amazon Pay)のShopifyストアでの使い方
Amazon Pay(アマゾン ペイ)でスピーディで安心の購買体験をお客様に提供しませんか? Amazon Payとは、Amazon.co.jpアカウントに登録された住所情報とクレジットカード情報を使って、商品やサービスの支払いができるサービスです。 Amazon Payでは、 支払い情報の登録や住所入力は省略され、お客様は 既存のAmazon Payアカウントでログインするだけ!という手軽さが特徴です。また、Amazon Payはモバイルとデスクトップにも対応しているので、どこからでも数クリックでお買い物ができます。さらにAmazon Payギフトカードにも対応可能になりました!無敵のAmazon Payをぜひ使用してみましょう。 ShopifyストアでAmazon Payを使用するためには、Amazon Payアカウントを事前に申請し、導入前審査を完了する必要があります。まだ行っていない場合は、以下の申請ボタンより アカウントの登録を行ってください。 上記のマニュアルにしたがって、アカウント申請と導入前審査が完了したら、さっそくAmazon Payの使い方の手順を見ていきましょう(Amazon Payからアカウントメールアドレス宛に審査完了のメールが届きます)。 まずは現在お持ちのShopifyストアの管理画面にログイン。ログイン後に左下にある「設定」をクリックし、続けて「決済」を選択してください。 中段にAmazon Payの項目があるので「Amazon Payを有効にする」をクリックすると、その後の設定の手順が表示されます。 その文中にある「 Amazon Seller Central」をクリックしてください。まだ、Amazon Payの申請・審査が完了していない場合は こちら より申請してください。 ログインをしたら、左上のドロップダウンから"Amazon Pay(本番環境)"を選択してください。 下部メニューのインテグレーションからインテグレーションセントラルを選択します。 続いて"アプリケーションを確認する"をクリックします。 "編集する" をクリックします。 アプリケーション情報を入力します。ストアの名前、ストアの説明、プライバシーポリシーURLを入力します。 続いてクライアントシークレット及びシークレットアクセスキーを取得します。 左上の"インテグレーション"から "インテグレーションセントラル"を選択します。 インテグレーションの概要というセクション下部の「クライアントシークレット及びシークレットアクセスキー取得」をクリックしてください。 ①"Amazon Client ID(クライアントID)"、②"Amazon Seller ID(出品者ID)"、③"MWS Auth Token(アクセスキーID)"、④"MWS Secret Access Key(シークレットアクセスキー)"が表示されるので、これらの文字列をShopifyの管理画面の該当箇所にコピーして貼り付けてください。 管理画面の以下箇所に貼り付ける。 "Amazon Payを有効化する" を押して保存します。 *反映されるまでに多少時間を要します。(場合によっては、2日ほど要することもございます。ご了承ください。) 決済がうまく行かない場合やエラーが出る場合は以下の2つをご確認ください。 *Amazon Payの導入は以下の条件にあてはまる事業者対象となっております。 もし、Amazon Payを設定後にネットショップのドメインを変更した場合は、管理画面の JavaScriptオリジンと リターンURL がセラーセントラルで設定したものと同一なのかを確認してください。 ・登記簿謄本写しのご提出が可能な、日本に拠点のある法人。 Amazon PayをShopifyストアに導入して、簡単な購買体験をお客様に提供しましょう! ・Amazon Pay規定の禁止ビジネスカテゴリー、または導入サイト内に禁止商材を取り扱っていない販売事業者。 また、日本でご利用いただけるAmazon Payは Amazon.co.jp にアカウントを持っているお客様対象のサービスで、日本円の決済のみの対応となっております。